コラーゲンとエラスチンについて

肌のハリをキープしているのが「コラーゲン」と「エラスチン」と言われています。
では、コラーゲンやエラスチンってそもそも何なのかご存知ですか?

どうしたらハリのある肌を保てるのか知りたい方は、
コラーゲンとエラスチンについて知っておきましょう!

コラーゲンとは

コラーゲンとは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつです。

顔のスキンケアの面でいうコラーゲンは、真皮にあるコラーゲンです。

顔の肌表面の手で触れられる部分が表皮(角質層)の一番上層にあたります。
その角質層の下に厚さ約2mmの真皮があります。

その真皮の部分に、コラーゲンという線維状のタンパク質が存在しているのです。

約70%のコラーゲンが真皮にはあるといわれています。

エラスチンとは

エラスチンとは、コラーゲン繊維をつなぎとめてている線維状のタンパク質のことです。
まるでゴムのように伸び縮みします。

コラーゲンをつなぎとめることによってコラーゲンと一緒に皮膚の弾力をキープしているのです。

だから、肌のハリをキープしたい方は、コラーゲンとエラスチンの両方のしくみを知っておくことが大切です。