フラクショナルレーザーって?

トリア・スキン エイジングケアレーザーは、
フラクショナルレーザーと同じ技術を応用して
家庭でも使える形になっています。

tria-seminer19
(説明会中の写真。
左:クリニックで使用する機器。右:家庭用トリア・スキンエイジングケアレーザー)

「フラクショナルレーザーでアンチエイジングのケアができるってどういうこと?」

って思いますよね。

フラクショナルレーザーというは、2004年に登場した
画期的な美容レーザー機器だったのです。

ちょっとうんちく的な話になってしまいますが、
お肌に使うレーザーなので、ちょっとお付き合いください(^o^)

2004年にダラスのASLMS(米国レーザー学会)で、
カルフォルニア リライアント社が発表した
Fractional Laser Resurfacingがはじまりです。

これは、肌にミクロン単位の細かい穴を開けて上皮を凝固させ、
肌を入れ替える
というまったく新しいものでした。

tria-seminer07

これがよく言われる、ターンオーバーの促進につながります。

色素沈着が起こりやすい人にとって「肌を入れ替える」施術ができるようになったのです。

今では、様々な種類のフラクショナルレーザー医療機器が登場しています。

加齢によって代謝が衰えてきた肌を若い肌に入れ替えるアンチエイジングの治療として、美容クリニックでもレーザー治療が行われていますね。

家庭用のトリアスキンエイジングケアレーザーは、
そのフラクショナルレーザーと同じ技術を用いています。

アブレイティブレーザーとノンアブレイティブレーザー

tria セミナー レーザー種類

フラクショナルレーザーにもアブレイティブノンアブレイティブがあります。

トリアはノンアブレイティブ・フラクショナルレーザーです。

ノンアブレイティブの場合、表皮を切開することなく真皮にアプローチします。

トリアレーザー 図
トリアレーザー 図

つっこんだ話をすると、アブレイティブの場合は、タンパク質の蒸散と破壊を利用しているので、
表皮が切開されて、目には見えませんが穴が開きます。

いずれも肌再生に効力を発揮するのですが、
ノンアブレイティブレーザーの方がダウンタイムも穏やかです。

トリア・スキンエイジングケアレーザーの製品仕様

Tria Skin Aging Care Laser_DEVICE_1
 サイズ 66mm×40mm×187mm(幅×奥行×高さ)
 質量  220g
 レーザー出力 クラス1M、1440nm、最高12mJ/パルス
 出力レベル 3段階
 プレゼント トリアスキンリペアローション(60ml)、トリアスキンリペアセラム(15ml)

トリア・スキンエイジングケアレーザーの場合、
美容クリニックのフラクセルレーザー一回分が顔全体の照射の30%とすると、
その約30分の1の強さになります。
一日1%の割合の照射ですね。

tria-seminer10
一般的なフラクセルよりもダウンタイムが穏やかで、変化もゆるやかです。

クリニックでフラクセルをする場合は、肝斑は避けることが多いです。
理由は、肝斑ができた理由がわからないから。
刺激すると肝斑が濃くなることがあります。

だけど、今回のモニターさんの結果だと、
肝斑もレーザーケアをして効果が出ていました。

(ご自身が肝斑治療を求めている場合は、一度専門医に相談することをおすすめします。)

<トリアスキンエイジングケア―レーザーの結果の一部:しみの改善>
age-spot-photo01

自宅で簡単光エイジングケア
トリア・スキン エイジングケアレーザー