シミを隠す・シミを増やさないための方法(美容形成外科、基礎化粧品)

シミを消すためにレーザー美顔器を使う女性はたくさんいます。
シミ以外にも肝斑やそばかすに悩む女性もいます。

そんな女性は、今までシミをファンデーションやコンシーラーで隠すのは当たり前。
隠しながらシミを取ったり薄くしたりすることに懸命です。

そんな女性たちは、どんな対策をしてきたのかを見ていきましょう。

美容形成外科に通った

紫外線やホルモンバランスの乱れで顔の表皮の奥で分泌されたメラニン色素が、ターンオーバで上手に排出されないまま残ってしまってできたシミやそばかす。

どんな種類の色素沈着なのかを診断してもらい、治療してもらいます。
効果は早く実感できます。

ただ、レーザーも医療用なので強めで早く治療するため、その後の顔の赤みやほてりの対応は必要です。
ちゃんと相談して決めていきましょう。
 

基礎化粧品を厳選した

自分の肌に合わない化粧品を使うと、感想したり荒れたり、回復までに時間がかかることもあります。
季節や体調によってもそのときの肌のコンディションは異なるもの。
シーズンごとや年齢ごとに使う基礎化粧品を見直して、たっぷり保湿して乾燥による紫外線ダメージを受けにくくしましょう。

メラニン色素が多量に排出しにくくなる成分の化粧品やできたメラニン色素をなくすアプローチをする成分が含まれた化粧品もあります。

一般的に、「美白」を目的とした化粧品にそういった成分が含まれています。
メラニン色素をなくすアプローチの化粧品は、できてしまったシミ対策に有効です。

ターンオーバーの促進を図りながら、サポートとしてこういった化粧品を使っている女性が多いです。
 

日中は紫外線避けをした

夏場は特に紫外線量が増えて強くなる時期。
できるだけ直射日光を避けます。

外に長時間いる場合は、日焼け止めクリームをしっかり塗り(重ね塗りも有効です)、
その上にファンデーションを重ねます。
SPFやPAが高めのものほど効果は期待できます。

ただ、肌が強くない方は、弱めの日焼け止めクリームをこまめに塗る方が負担がかからず、
余計肌を荒らしてメラニン色素が増えることを防げると思いますので、
無理に強すぎるものは使用を控えましょう。