美白を求めてるのにシミができる理由:メラニン、メラノサイト

「シミは美白の大敵!」そう思いますよね?

美白でキレイナ肌になりたいと顔のスキンケアをがんばる女性はたくさんいます。

では、美白ってどうしたらなれるのでしょうか?

「美白、美白」と言われても…

 
美白とは、簡単に言うと肌の色が白く、なおかつ均一的な色の肌であること。

顔の一部だけ白くて、一部では濃い色をしていると「美しい」とは言われませんね。

顔全体の肌の色を白く均一にしておくと美白で美しいお顔になります。

もともとの肌の色は大事

いくら美白を目指しているからと言って、無理やり自分の肌の色を変えようとする必要はないと思います。
できるだけ、シミやそばかすなどのない肌を作ることがまずは先決です。

余談ですが、人種による色調の差異は、メラノソーム(※)の数と大きさにより決定されます。
(※)メラノソームとは、メラノサイトが含有しているメラニンを生合成するものです。

メラノサイトの分布や密度に人種間の差異はないとされています。
 

さて、ではシミができるまでについてお話しします。
 

そもそも、シミって何?

 
それは、表皮の一部に沈着した「メラニン(メラニン色素とも)」が、
肌表面から透けて見えている状態のこと。

表皮基底細胞にある「メラノサイト」という細胞内で「メラニン」は生成されています。

メラノサイトは、メラニン生成工場の役割を担っている細胞なんです。
でも、メラノサイトは、メラニンを作りますが貯蔵はせず、近隣の細胞にメラニンを送り出します。

ここで、「メラノサイトがなければシミはできないからメラノサイトを排除だー!」
とかとか思うのはやめてくださいね。

メラニンは、紫外線防御の役割を果たしていて、
紫外線が細胞のDNAを壊すしたり、日光障害や悪性腫瘍の発生を防ぐ
役割を果たしてくれている大事なものでもあるんですから。

メラニンは、メラニンをもつ細胞が代謝でどんどん表皮に上がっていき、
いずれは剥がれ落ちます。

メラニンも、黒いメラニンと黄色いメラニンがありますが、
その両方の割合によって皮膚や毛髪の色の違いになるそうです。
(あ、髪の毛にもメラニンはあるんですよ。)
 
でも、紫外線の刺激でメラニンが過剰につくられてしまうと、シミになります。
 

シミを作らないためには?

シミを作らない第一の対策は、紫外線吸収防止対策です。
ホルモンバランスを崩してのシミもあるので、こちらも気をつけましょう。

ですが、できてしまったシミに対しては、美白のためには薄くしていく必要があります。

そのための方法として、メラニンを作りすぎないようにする化粧品を塗ったり、
できてしまったメラニンをはやく外に排出するための
レーザー美顔器のようなターンオーバーの促進があるのです。

レーザー美顔器の場合、シミ以外にも小じわやたるみにも効果があります。
トータルケアの位置づけですね。
 
 
skincarenavi-skin01
<画像参照>
kaoスキンケアナビ