しみ・そばかす・くすみの大敵「紫外線」対策

トリアのエイジングケアレーザーでケアしている最中は
紫外線対策に力を入れましょう。

1年の中でも紫外線が非常に多く降り注ぐ時期は、
1位 5月
2位 8月
3位 4月
だそうです。春は以外に紫外線量が多い時期だとご存知でしたか?

ちなみに、紫外線の強さは7月が一番。
その前後の時期は次に強く紫外線が注いでいます。

UVindex-env-go-jp01
<気象庁UVインデックス画像>

4月からトリアスキンエイジングケアレーザーを始めれた方は、必ず紫外線対策をしてください。
じゃないと、せっかくレーザー美顔器でメラニン色素を取り除いていくのに、
ケア中の敏感なお肌は、紫外線でメラニン生成をしてしまいます。

30歳の女性と60歳の女性のお尻の皮膚を比べたら肌年齢がほぼ一緒だったという例もあります。
それくらい紫外線の影響は大きいのですね。

日焼け止めの基本は日焼け止めクリーム

ちょっと外出するとき、洗濯物を干すときなど、日光に当たる機会はけっこう多いものです。
曇りの日にも雨の日にも、部屋の中にいるときも紫外線は窓ガラスを通して入ってきます。

曇りの日でも紫外線は晴れの日に比べて60〜80%、雨の日は20〜30%届いているそうです。

特に紫外線量の多い10時〜15時の間は外出も多い時間帯だと思います。
ちゃんとケアして自分のお肌を守ってあげましょう。

レーザー美顔器ケア中は、3か月間日焼け止めクリームを塗っておくように心がけましょう。

Tゾーンや鼻頭、ほほは特に紫外線を浴びやすいので、日焼け止めクリームの重ねづけもおすすめです。
車を運転するときは、特に日の当たる側面に注意!
しっかりクリームをつけておきましょう。

UVindex-env-go-jp-april01
4月の日本です。この時期はまだSPFもPAも高くなくてOK!

UVindex-env-go-jp-august01
8月の日本です。この時期は、SPFもPAも高めなものをつけておくと安心です。

日常使いにおすすめな日焼け止めクリームは、
SPF10〜20
PA+〜++

です。

屋外での軽いスポーツやレジャーになると、
SPF10〜40
PA++〜+++

です。

炎天下でのレジャー、リゾート地でのマリンスポーツなどは
SPF30〜50
PA++〜++++

です。

非常に紫外線の強い場所や紫外線に特別敏感な方は
SPF50以上
PA++++

です。

レーザーケア中は、できるだけ屋外でのレジャーやマリンスポーツは避けた方が、
肌への負担もかからず効果もちゃんと感じられると思います。

そもそもメラニンは、紫外線から体を守るために働くので、
紫外線を割ければメラニンが増えること自体防ぐこともできます。

メラニンは悪みたいに思っている女性もいますが、
メラニン自体は細胞内のDNAが紫外線で傷つかないように守ってくれているのです。

ただ、美容面からみるとメラニンでしみやそばかす、くすみになってしまうのはまったく嬉しくありません。

そのメラニンを減らすためにも、紫外線を浴びない工夫が必要です。

日焼け止めクリーム以外に日傘や帽子で直射日光に当たらないようにするのもおすすめです。

また、亜熱帯地域など紫外線が強い地域に行く場合には、
普段よりもSPFとPAの高い日焼け止めクリームを塗っておくと安心です。

目からの紫外線カットにはサングラス

UVカット機能を持ったサングラスをかけると、UV-Bという紫外線は90%カットできます。
日中はサングラスをかけてお出かけするのもとても有効です。

uvb-ozone

(参考URL)
環境庁
http://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/full.pdf
気象庁 紫外線情報分布図
http://www.jma.go.jp/jp/uv/